ec2にlaravel5.4.22 Apache2.4 php70をインストール

laravel+Apacheインストール
http://qiita.com/na0AaooQ/items/e9b782be01ce6946d7e8

php70インストール
http://qiita.com/nbapps_dev/items/3427203cb7374d34bb4c

この辺りをみて、インストール。

php7に必要なものをインストール
php70・・・php7の本体
php-devel・・・ソースコンパイル
mbstring・・・マルチバイト文字を使用可能にする
mcrypt ・・・暗号化
mysqlnd・・・mysql拡張モジュール
pdo・・・pdo拡張モジュール

その他laravelに必要なものインストール
gcc・・・phpのC言語コンパイラ
php-pear・・・pearコンパイラ
git・・・gitツール
zlib-devel・・・拡張子モジュール

apache2.4インストール

laravel 5.4.22インストール
Composerという依存パッケージを使うので、インストール

移動してcomposerフォルダをroot権限にして確認。

php.iniにタイムゾーンを設定しておく

laravelプロジェクト作成用のフォルダを作成して、権限を与える

コンポーザーでプロジェクト「laravel」を作成
オプション–prefer-distは、開発バージョンでも、パッケージを「dist」からインストールする。

インストール内容確認

apacheのconfに時刻・ServerName/ServerAdminを変更

apacheを起動して、確認。

ブラウザにて確認
http://IPアドレス/

raspberry pi 3 model B をmacとリモートデスクトップするまでのメモ

必要なもの
・Raspberry pi3 Model B+
・macbook pro
・LANケーブル
・LANアダプタ

上記3つは持ってたので、LANアダプタだけ購入。
ThunderboltのLANもあるけど高いので、私はこれを買いました。
BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ 【Nintendo Switch, Wii,Wii U,MacBookAir動作確認済】 LUA3-U2-ATX

インストール
参考サイト
raspbian 2016-11-25 をインストールしてssh接続まで

ssh pi@raspberrypi.local
初期パスワード:raspberry でログイン

wifi設定
nanoは使ったことなかったので戸惑い。
“nano”を終了する
コマンドラインによるWiFiの設定
ひとまず、設定完了。

リモートデスクトップ化
TightVNC:Mac から Raspberry Pi 3 を リモートデスクトップ

追記:2017/4/29
入力がおかしいと思ったらUK使用なのでen_USにしました。
Raspberry PiでUSキーボード使用時のキー配置がおかしい時の対処法

サーバー初期設定メモ

今回はカゴヤクラウドをレンタルしました。
動作早くて、快適。

1.CentOSアップデート

2.rootにパスワードをつける

3.ログイン用アカウント作成

4.rootになれる管理者ユーザーを指定する。例として管理者ユーザーをuserにした。

管理ユーザーからrootになれるか、確認する。

5.オーソリティキーをコピー

ログアウトしてユーザーからsshログインできるか、確認する。

6.sshの設定を変更する

sshでrootログインできなければ成功。