サーバー初期設定メモ

今回はカゴヤクラウドをレンタルしました。
動作早くて、快適。

1.CentOSアップデート

2.rootにパスワードをつける

3.ログイン用アカウント作成

4.rootになれる管理者ユーザーを指定する。例として管理者ユーザーをuserにした。

管理ユーザーからrootになれるか、確認する。

5.オーソリティキーをコピー

ログアウトしてユーザーからsshログインできるか、確認する。

6.sshの設定を変更する

sshでrootログインできなければ成功。

投稿者:

tsumuji_794

25歳フリーターからプログラマーに転身。2年目。 赤子を生みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です